QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
klanka

2019年06月15日

☆ジューンブライド☆




ついに、雨のジメジメとした梅雨到来!!!

時間差がありますが。前回の続き、パート2

6月は結婚が解禁になる月だったという説

かつて、ヨーロッパでは
3月、4月、5月の3ヶ月間は農作業が大変忙しくなる時期。

そのため、3月、4月、5月の3ヶ月間は結婚が禁止され
結婚が解禁される月が6月であったため、
結婚を待ちわびていた多くのカップルが
結婚式を挙げたことをジューンブライドの由来とする説です。

6月は農作業が落ち着き、
多くの人から祝福されるため幸せになれる、と言われています。
しかし、
いつ頃のヨーロッパの話か分からず、、
本当に結婚式が禁止されていたのかも定かではありません。笑














  

Posted by klanka at 16:07Comments(0)Misaki

2019年06月09日

☆キラキラと光沢感が☆




とっても気さくにお話ししてくださるカップルべーっキラキラ

お渡し時も終始 笑いに包まれておりました笑笑

そんな、お二人のマリッジリングをご紹介〜





ご新郎様、ご新婦様、形は一緒でも表面の加工を変えただけで

全然違うリングみたいに変わりますね!!!!!!

ご新郎様はゴツゴツと男らしい仕上がりで良い感じに光沢感も〜

ご新婦様はダイヤモンドを7ピース留めてキラキラにキラキラキラキラ





内側にはオリジナルでお二人の共通でもあった

サッカーボールの刻印をちゃっかりべーっ!!





末長くお幸せにぃハートハートハート















  

Posted by klanka at 17:54Comments(0)Misaki

2019年06月01日

☆ジューンブライド☆




きゃー!早いもので、もう、6月に汗

ちと、豆知識(笑)6月はジューンブライド(June Bride)
多くの女性が憧れる結婚式として有名です!
6月に結婚式を挙げると一生涯にわたり幸せな結婚生活を
送ることができると言われていますが
皆さんは、その意味がお分かりでしょうか??

日本の6月は梅雨の時期です。暖かい季節ではありませんが
雨が多いため結婚式に適した月とは言えません。
そのため、戦後、ジュエーンブライドが広まるまで
6月に結婚式を挙げるカップルは少なかったようです。

ヨーロッパが起源であるジューンブライド

1、ローマ神話の女神を由来とする説

ローマ神話の主神・ユピテルの妻である
女神ユノを由来とする説が最も有力です!
ユノは結婚や出産、育児の象徴とされており、
女性や子供、家庭の守護神とも言われています。
ローマ神話では
1月から6月まで、それぞれの月を守る神がいます。
結婚の象徴であるユノが守っている月が6月です。
6月は英語でJune、ユノはアルファベットでJunoと書きます。
このことからも、
ユノが6月の英語名ジューンの由来になっていることが分かります。
「6月に結婚すると幸せな結婚生活を送ることができる」と言われる理由は、
結婚の女神ユノが6月を守護していることに由来しています。






2、は次回に、、、











  

Posted by klanka at 15:59Comments(0)Misaki

2019年05月01日

☆平成から令和へ☆




晴れ つ、い、に!!!

五月一日、本日から新元号 令和元年

☆原文の引用

于時、初春令月、氣淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。

☆書き下し

時ときに、初春しよしゆんの令月れいげつにして、気き淑よく風かぜ和やはらぎ、

梅うめは鏡前きやうぜんの粉こを披ひらき、蘭らんは珮後はいごの香かうを薫かをらす。

☆現代日本語訳

時は初春しょしゅんの令よい月

(※この場合『令』は“物事のつやがあるように美しい”の意)[52]であり、

空気は美しく、風は和やかで、梅は鏡の前の美人が白粉おしろいで装うように花咲き、

蘭は身を飾る衣ころもに纏まとう香こうのように薫かおらせる。


時代が変わり、令和婚で市役所には多くの新婚さんが!

そんな中!KLANKAでは、このブログを見た!(笑)限定で

1万円以上のご購入にて10パーセントオフになりますキラキラキラキラ

そこの貴方!ジュエリー、パールなど

揃えたい物がございましたら

今がチャンス!お得(笑)良いものをお得に!!!

お気軽に店頭まで、お問い合わせもハートハート















  

Posted by klanka at 13:04Comments(0)Misaki

2019年04月21日

☆ダイヤモンドを贅沢に☆




最近、KLANKAブログ内ミル打ちリングの投稿が多いこの頃汗

さてさて、笑笑

また、ミル打ちのリングを載せちゃおべーっキラキラ

だってー!だってー!

ミル打ちって、機械で作っているのでは無くて

ちゃあんとっ

職人さんが丁寧に細かく一粒一粒手打ちで仕上げるのです。

ではでは、ご紹介しまっす!





素材はPt900(プラチナ)ご新郎様はシンプル〜

ご新婦様は贅沢にハーフまでダイアモンドを留めました*

ダイヤモンド、キラッキラキラキラキラキラキラキラ

KLANKAのダイヤモンドは輝きがス、ゴ、イ!!笑笑





内側には、しっかりと刻印されております♫"

末永くお幸せにぃぃぃぃハートハート














  

Posted by klanka at 16:48Comments(0)Misaki